» 未分類のブログ記事

車に対するゆれや衝撃については様々な種類の分類が行われていて、車全体が上下に揺れることをバウンシングと言います。
これらの揺れや振動などを吸収をして、走行を快適なものにしている役目のものがサスペンションとなっており、車体とタイヤの間の部分で路面から受ける衝撃を吸収することで衝撃を和らげています。
サスペンションやタイヤの部分は足回りと呼ばれており、車の安全性や操縦性の面において大きな影響を与える大切な部分であると言えます。
ゆれや衝撃は、多くのドライバーが車を運転していると経験する現象で、スプリングなどのパーツによっても衝撃から守られています。
サスペンションは様々なパーツによって成り立っているものですが、そのうちの1つとして路面からの衝撃を吸収する役割を果たすスプリングがあります。
スプリングによって衝撃を吸収して、車の姿勢を元に戻すことができます。
小さな揺れを抑制させるためには、スプリングを硬くすることが必要になります。
ただし、スプリングを硬くすると車の乗り心地が悪くなるために、車体の安定性と乗り心地をよくするためにダンパーという減衰装置が使用されています。
トラックなどの大型車の場合には、リーフスプリング式が採用されていることが多くなっています。

車には走行時の振動や揺れを吸収するための仕組みとしてサスペンションがあります。タイヤとボディの間に装着されていて、路面からの衝撃を和らげます。乗用車にはストラット式のサスペンションが多く採用されています。構造がシンプルなので生産にかかるコストも少ないです。

トラックなどは重たいものを積載するため、ストラット式では不十分です。そのためリーフスプリングというタイプのサスペンションを採用しているものが多いです。丈夫で剛性に優れているのが長所ですが、柔らかさが少ないため安定性や乗り心地が悪くなるという短所もあります。

悪路を走行しているときには強い衝撃によって、サスペンションのスプリングがいっぱいに縮んで底を突く現象がおきます。これがボトミングという現象です。このときに車体とサスペンションが直接ぶつからないようにするために設置されているゴムやウレタン製の緩衝材のことをバンプストッパーといいます。バンプストッパーがあっても車体には大きいショックが生します。

これを回避するためにはホイールストロークをできるだけ大きくとり、車体に対する車輸の上下方向の可動範囲にゆとりを持たせることや、ストッパーによる急激なばね定数の変化がおきないようにする工夫が必要です。

「ピッチング」とは、走行中の車体が荷重移動によって前や後ろに傾くことを意味します。これは、走行中にブレーキをかけたときや急加速した際に発生します。ブレーキをかける場合は、車の前部に荷重が偏り、路面に車体が沈み込むような前方向の回転運動が生じます。急加速した場合には、後部に荷重が偏り、前輪が浮くような後ろ方向の回転運動が生じます。荷重移動のバランスが悪いと回転運動の力も大きくなり、車の挙動が不安定になります。
荷重移動による回転運動の発生について言えば他にも二つあり、前後を軸に左右の荷重移動をするものと、上下を軸に左右の荷重移動をするものがあります。前者は「ローリング」と言い、後者は「ヨーイング」と言います。
「ローリング」は、走行中の車がコーナーを曲がるときに発生します。このとき内輪は路面に沈み込もうとする力が働き、外輪は浮き上がる力が働きます。そのため、垂直方向に回転運動が生じることになります。
「ヨーイング」も走行中の車がコーナーを曲がるときに発生します。このとき荷重移動によって、進行方向に対して横向きの力が生まれます。この力をコーナーリング・フォースと言います。その結果、水平方向に回転運動が生じることになります。

自動車は四輪で走行しますが、その挙動によって車体に動きが生じます。挙動とは加速するとき、停止するときなどの加減速というもので、それに付随してローリングなどの動きが生じるのです。
これはコーナーリングを走行している状態では遠心力がかかり、外側のタイヤに力がかかり、内側のタイヤは浮き気味になっているのです。このように車の縦の中心から外側に回転しようとしている動きのことをいいます。
これは物理上どうしても発生してしまうことで、走行への影響としては運転手が横への重力に耐えながら運転する必要がありますが、外側に力がかかることになり、タイヤのグリップ次第では外側へ流れるようになります。
それをコントロールするためにサスペンションがあります。サスペンションにはダンパーと呼ばれるものがついていてバネの跳ねといった衝撃や揺れをやわらげます。もしサスペンションがない、ガチガチな状態ではコーナーにちょっとした段差があるだけで跳ねてグリップを失います。
また内側のタイヤも路面をとらえられるようスタビライザーによって安定させるようになっているものもあります。
このように自動車の挙動や動きをコントロールするためにサスペンションや足回りがセッティングされているのです。

車の走行において走ったり止まったり、曲がったりする上で基本的な性能をアップさせるものにサスペンションがあります。
車高を下げることによって見た目のドレスアップ効果を得たり、自分好みの走りやすさや見た目にしたいことにおいても役立ちます。
サスペンションは車のタイヤとボディの間に装着させるもので、車が路面から受ける衝撃や揺れを緩和させるシステムになります。
サスペンションの効果によって、乗り心地を向上させることが可能になります。
サスペンションの構成としては、サスペンションアームやスプリング、ショックアブソーバーによって成り立っており、車によって様々な種類のものが採用されています。
サスペンションには、固定車軸方式のものや独立懸架方式のものがあります。
固定車軸方式は、左右の車輪をアクスルで連結をしている方式のもので、シンプルな構造で耐久性にも優れている方式となります。
走行中における地上高の変化が少なくないために、悪路走破性の良い方式と言えます。
独立懸架方式のものは、左右をタイヤを別々のサスペンションで動作させる方式のもので、操作性や乗り心地の面で向上させることが可能です。
独立懸架方式のサスペンションは、乗用車の他にスポーツカーや小型トラックにも用いられています。

自動車に設置されているサスペンションとは懸架装置のことを指しているもので、路面から受けるでこぼこなどの揺れや衝撃などを和らげるシステムとなります。
サスペンションが機能することによって、操縦安定性や乗り心地を良くすることができます。
サスペンションには固定車軸方式であるリジットアクスルタイプと、独立懸架方式のインディペンデント・サスペンションがあります。
インディペンデントタイプでは、左右のサスペンションが独立して動くシステムとなっており、車軸型のものと比較してタイヤの追従性が高いものとなります。
サスペンションごとに1つの機構が設置されているので、車種に適した繊細な調整ができるタイプのもので、現在ではサスペンションの主流になっていると言えます。
一般の乗用車やレーシングカー、スポーツカー、小型トラックのサスペンションなどとしても採用されています。
車軸式のサスペンションと比較すると、バネ下重量を軽くすることが可能なために機敏な動作ができるようになり、そのために安定性に優れている点が魅力です。
歴史的にみるとインディペンデント・サスペンションを初めて採用した量産型の自動車は、メルセデス・ベンツ170となります。

サスペンションの装備によって乗り心地の改善が図られて、衝撃の緩和をすることができます。
サスペンションは日本語だと懸架装置と表わされるもので、いくつかの部品によって作られています。
スプリングやサスペンションアーム、ショックアブソーバーなどの部品を組み合わせることで構成されており、固定車軸方式と独立懸架方式に分けられています。
固定車軸方式はリジットタイプとも呼ばれており、左右の車輪を車軸によって連結させているサスペンション方式のことになります。
構造がシンプルであるために耐久性が高く、でこぼこを走行している間でも最低地上高の変化が少なくなりますので、悪路における走破性が良い特徴を持っています。
FF車やトラックのリヤとして採用されることが多いサスペンションのタイプで、コスト面が安く済むメリットがあります。
省スペースで済むのでフロアを低くすることが可能で、荷室を広くすることが可能になります。
ただし、両方の車輪が1本の軸で連結されているサスペンションのタイプになるために、片方の車輪が受けた衝撃が他の車輪にも伝達しますので、乗り心地の面で悪いものとなる点がデメリットと言えます。
レイアウトの自由度が少なくて、操縦安定性も良くない特徴があります。

車の性能を表わすものとして、操縦性や安定性というものがあって、操縦がしやすいというのは不安定な姿勢であっても運転しやすいということになります。
車の安定性に大きく影響を与える部分として、サスペンションのことを挙げることができます。
サスペンションは自動車を走行させるときに、衝撃を緩和させるためのもので、スプリングやサスペンションアーム、ショックアブソーバーと呼ばれる3種類の部品から成り立っています。
サスペンションの種類としては2つに分類することができて、リジットアクスルとインディベンデント・サスペンションに分けられます。
リジットアクスルについては、車軸の端にスプリングとショックアブソーバーとを組み合わせて取り付けているもので、シンプルな構造のために安価な値段のもので、整備を行いやすいことが特徴です。
耐久性に優れていると言えますが、安定性の面でインディペンデント・サスペンションと比較すると劣るものと言えます。
インディペンデント・サスペンションは、車輪に独立的にサスペンションを取り付けている方式のもので、乗り心地を良くすることができる点が大きな特徴となります。
この方式のサスペンションは、レーシングカーやスポーツカーに採用されるものとなります。

車は走行している間に路面のでこぼこや段差などによって、常に振動や衝撃を受けて走行しています。
空気を注入しているゴムタイヤによって多少は衝撃を抑えることができますが、それだけでは衝撃の多くを吸収することはできません。
衝撃を吸収することで車の乗り心地を良くするための機構として、タイヤとボディの間にスプリングやショックアブソーバーが取り付けられています。
スプリングやショックアブソーバーによってボディの重さを受け止めて、ホイールの上下運動などによって発生する振動を緩和させます。
ボディやホイールを連結させているリンク機構は、加速や減速によって様々な方向から力が加えられますので、適切な剛性や強度を保ちながらホイールを車体にとって有効なポジションに維持する役目を果たしています。
サスペンションとは、これらの車体における衝撃を緩和させるための装置とリンク機構のことを言います。
サスペンションは大別して、固定車軸方式と独立懸架方式などの種類があります。
固定車軸方式は左右のタイヤを車軸で連結させている仕組みのサスペンション方式で、シンプルな構造のために経費が安いメリットがあります。
独立懸架方式は左右のそれぞれのタイヤごとに別のサスペンションで動作する方式のもので、操作性や乗り心地の良さが特徴となっており、スポーツカーやレーシングカーなどにも採用されています。