自動車に設置されているサスペンションとは懸架装置のことを指しているもので、路面から受けるでこぼこなどの揺れや衝撃などを和らげるシステムとなります。
サスペンションが機能することによって、操縦安定性や乗り心地を良くすることができます。
サスペンションには固定車軸方式であるリジットアクスルタイプと、独立懸架方式のインディペンデント・サスペンションがあります。
インディペンデントタイプでは、左右のサスペンションが独立して動くシステムとなっており、車軸型のものと比較してタイヤの追従性が高いものとなります。
サスペンションごとに1つの機構が設置されているので、車種に適した繊細な調整ができるタイプのもので、現在ではサスペンションの主流になっていると言えます。
一般の乗用車やレーシングカー、スポーツカー、小型トラックのサスペンションなどとしても採用されています。
車軸式のサスペンションと比較すると、バネ下重量を軽くすることが可能なために機敏な動作ができるようになり、そのために安定性に優れている点が魅力です。
歴史的にみるとインディペンデント・サスペンションを初めて採用した量産型の自動車は、メルセデス・ベンツ170となります。