自動車は四輪で走行しますが、その挙動によって車体に動きが生じます。挙動とは加速するとき、停止するときなどの加減速というもので、それに付随してローリングなどの動きが生じるのです。
これはコーナーリングを走行している状態では遠心力がかかり、外側のタイヤに力がかかり、内側のタイヤは浮き気味になっているのです。このように車の縦の中心から外側に回転しようとしている動きのことをいいます。
これは物理上どうしても発生してしまうことで、走行への影響としては運転手が横への重力に耐えながら運転する必要がありますが、外側に力がかかることになり、タイヤのグリップ次第では外側へ流れるようになります。
それをコントロールするためにサスペンションがあります。サスペンションにはダンパーと呼ばれるものがついていてバネの跳ねといった衝撃や揺れをやわらげます。もしサスペンションがない、ガチガチな状態ではコーナーにちょっとした段差があるだけで跳ねてグリップを失います。
また内側のタイヤも路面をとらえられるようスタビライザーによって安定させるようになっているものもあります。
このように自動車の挙動や動きをコントロールするためにサスペンションや足回りがセッティングされているのです。