車の性能を表わすものとして、操縦性や安定性というものがあって、操縦がしやすいというのは不安定な姿勢であっても運転しやすいということになります。
車の安定性に大きく影響を与える部分として、サスペンションのことを挙げることができます。
サスペンションは自動車を走行させるときに、衝撃を緩和させるためのもので、スプリングやサスペンションアーム、ショックアブソーバーと呼ばれる3種類の部品から成り立っています。
サスペンションの種類としては2つに分類することができて、リジットアクスルとインディベンデント・サスペンションに分けられます。
リジットアクスルについては、車軸の端にスプリングとショックアブソーバーとを組み合わせて取り付けているもので、シンプルな構造のために安価な値段のもので、整備を行いやすいことが特徴です。
耐久性に優れていると言えますが、安定性の面でインディペンデント・サスペンションと比較すると劣るものと言えます。
インディペンデント・サスペンションは、車輪に独立的にサスペンションを取り付けている方式のもので、乗り心地を良くすることができる点が大きな特徴となります。
この方式のサスペンションは、レーシングカーやスポーツカーに採用されるものとなります。