車の走行において走ったり止まったり、曲がったりする上で基本的な性能をアップさせるものにサスペンションがあります。
車高を下げることによって見た目のドレスアップ効果を得たり、自分好みの走りやすさや見た目にしたいことにおいても役立ちます。
サスペンションは車のタイヤとボディの間に装着させるもので、車が路面から受ける衝撃や揺れを緩和させるシステムになります。
サスペンションの効果によって、乗り心地を向上させることが可能になります。
サスペンションの構成としては、サスペンションアームやスプリング、ショックアブソーバーによって成り立っており、車によって様々な種類のものが採用されています。
サスペンションには、固定車軸方式のものや独立懸架方式のものがあります。
固定車軸方式は、左右の車輪をアクスルで連結をしている方式のもので、シンプルな構造で耐久性にも優れている方式となります。
走行中における地上高の変化が少なくないために、悪路走破性の良い方式と言えます。
独立懸架方式のものは、左右をタイヤを別々のサスペンションで動作させる方式のもので、操作性や乗り心地の面で向上させることが可能です。
独立懸架方式のサスペンションは、乗用車の他にスポーツカーや小型トラックにも用いられています。